退行催眠と前世

Enishiのうつ病を治してくれたセラピストの先生が話してくれたことなのですが、彼のセラピーのメニューに「退行催眠」というものがありました。

心理的な問題を抱えるに至った過去の出来事を掘り起こすために使う手法で、催眠状態にした人に、過去の記憶を遡る誘導をかけていきます。

西暦何年頃、小学生だった頃、生まれたばかりの頃、とどんどん遡っていくと、年齢がマイナス、つまりは生まれる前の記憶のことをしゃべり出す人が普通にいるというから驚きです。

明らかに、その人が行ったことのない場所や、絶対にあり得ない経験、そして明らかに日本語じゃないことをしゃべったりするというから、不思議なのです。

前世の記憶を持った子供が増えているということは実際にあるようで、ドキュメンタリーも作られています。

彼らが話す内容に、結構共通性があるというか、ある一定の規則性があるというから、実際に天国やらという世界があるのかもしれませんね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る