アジアの核爆発

そういえば、坂本政道さんの書いた本の中にジョー・マクモネグルさんが出ていて、アジアだったかで起きる核爆発の予言をしていたことを思い出し、本棚を漁って確かめてみました。ありました。2005年に書かれた坂本さんの本「死後体験Ⅲ」の中に。

2004年に坂本さんが参加したアメリカのモンロー研究所のセッション内でマクモネグルさんと会った際に彼が語った予言でした。

残念ながら、2004年の話。そこから「3年以内」だとその核爆発は2007年に起きていないとならないが、日本で起きた東日本大震災、福島第一原発の事故はご存じの通り2011年の話で、さらに+4年のラグがあった。それに、福島第一原発で起きたのは水素爆発であって核爆発ではない(核爆発であったら原発はもはや原型をとどめないくらいの大爆発事故になっていた)。

ふと思い出して、検証して「スピ世界、やっぱスゲー!」となりたかったのだけど、調べて見たら、うーむ、という感じです(;=ω=)やれやれ

どこまでも「確信」にはさせず、「信じるか、否か」という予知を残すのが、こちらの主体的な判断に任せる部分を残しておくというのが、スピ世界みたいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る