今年も行ってきましたよ八ヶ岳UFOコンベンション!

年末恒例の八ヶ岳UFOコンベンション、行ってきました今年も。10月に急逝された葦原さんに変わってアカシックリーダーの中津川さんがピンチヒッターで参加。スゴい情報がまたまた今年も沢山得られました。

印象に残っているビックリ情報は以下の通り。

  1. 地下深くにもう一層の海水が発見される。

    学校の地学で習うのは、海水⇒地殻⇒マントル⇒核 という形で地殻深くに行けばいくほど密度が上がって高温になっていくという惑星の姿。ところが、最新の調査で、海水⇒地殻⇒マントル⇒海水 ということで再度海水の層が見つかったという。これは、地球空洞説で言うところの、地下世界の海かということで大騒ぎ。

  2. 古代ヨーロッパの彫刻などのあちこちに見られる「王権リング」のモチーフとおぼしきデザインと日本の縄文時代

    ペルシアの王などを示した彫刻などに見られる「王権リング」とそっくりなデザインが、日本の縄文土器に度々出てくる。これが、なんと20万年前の地層から出てくるというわけで、縄文時代というのは定説よりも遥かに古代の時代であり、この時代にこういった文明があったということは日本の文明が地球の文明とは最古ということになる。

    キリスト教圏内で描かれた地図(東が上)には必ず東の端に小さな島が描かれるが、それが「神は東から来た」というその東とされている。つまり、神というのは日本から来た人々だったのではないか、という説。

とくに1は地球空洞説の証拠の一個としてかなり強いものになるのではないかと期待。

山梨の奥地はすっごく寒くて(笑)キーボードを打つ指がかじかんで来たのでちょいと休憩(笑)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る