お店のカット済み野菜に栄養素は入ってない

カット済みのパプリカやらキャベツやらが沢山入っていて、さも健康そうに見えるコンビニのお野菜なのですが、消毒のために塩素の入った水で何度も何度も浸けて洗うということを繰り返す間に、ビタミンやらの栄養素はほとんど流出してしまい、食物繊維くらいしか取れないという話があるようです。

そうでなくとも、40年前と比較すると全般的に、野菜に含まれる栄養素の量というのは何十分の1というレベルで下がってしまっているようで(化学肥料と連作障害)つまり我々は、「野菜のようにみえるもの」をただせっせと食べているだけで、その実食物繊維がいくばくか取れているというだけのようです(笑)

完ぺきな安全性が担保され、有機農法で作ったものしか提供しないオルターさんの食材だと、確かにホウレンソウ1つにしても味が全く違います。(その分高いのですが、栄養素がギッシリ入っているので量を食べずに済むため、そこまで食費は高くはならない)

食べ物、気をつけないと全てのベースにあるものですからね。。逆にここがシッカリしたら全てが変わるような気もします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る