陰謀論の限界というか、ご都合主義

去年でしたか、貧しい年輩の男性が新幹線で焼身自殺を図ったとき、あの事件自体が

「政府が新幹線での監視を強化するためのでっち上げ」

という風に述べていた方々がいました。この手の話が出てくるとき、彼らの理論を聞いていると、彼らが求める結論を前提に、都合の良いところだけをピックアップして組み立てていたりということが往々にしてあります。例えば、こんなくだりがあって(すみません実際の時刻はこのとおりだったか定かではないです。あくまで例示です。)

15:00 事件発生の報告を官邸が受ける ・・・①

15:10 事件に対応するための対策本部を設ける ・・・②

「事件が発生してから10分で対策本部ができるなんて、あらかじめ知ってて準備しなければできない。だからこれは陰謀だ」

と述べているのですが、相手が報じている情報の全てを「陰謀」として疑って掛かっているのに、①や②の時刻だけは正しい情報という前提で話を組み立てている。

こういったことを指摘してくれる彼らの勇気には敬服しつつも、やっぱり、ネットの1個人とかではマスコミの仕掛けてくる情報戦には対抗できないんじゃないかと思うばかり。専用の組織が必要だなと。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る