TPPと陰謀論

医療が崩壊するとか、日系企業全てが残業代ゼロのブラック企業化するとかのかなり突飛な言説が飛び交っておりますTPP。

不平等条約か何かと勘違いして、とにかく米国とかを悪者にしたい人がメチャクチャなことを言っています。

例えば医療はそもそも、TPPの論題として上がってすらいません。米国の医療制度(公的健康保険は無い)が問題だらけということは世界の知るところで、米国の現状に合わせようなんていうことはどの国だって考えてない。

安い米が入ってきて日本の米が淘汰されるとかいう話は、全く当たりません。日本の米は、高い分のクオリティがあるということで普通にブランド化されており、輸出先で高値で売れています。立派な日本が世界に誇れる輸出品です。

TPPは不平等条約ではなく、加盟国に平等に働く「協定」です。こっちに課された条件は、そのまま参加国全てに適用されます。当然、日本にとってメリットのあるところばかりではないというのは事実だと思いますが、TPPでもきっかけに1度変えてしまわないと「座して死を待つ」というようなことが日本には多いのです。(零細ばかりで一向に大規模化・効率化しない農業。保護すれば保護するほど弱くなる、など)

上手く利用すれば別段、日本を売り渡すとかの批判は全く筋違いであったことがいずれ分かります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る