ナノバイブレーション技術

nano

今もご存命の天才物理学者、ロバート・アンソニー・アヴィレス氏以外にはまだ世界が理解できるレベルにまで達していないのだろうと思っているのが、こちらナノバイブレーション技術というやつです。今のところ、この効果を測定するには生身の人間を使ったキネシオロジーのテスト(筋反射でのテスト)くらいしかありません。手っ取り早く理解したい場合には製造元であるインテンションエネジー社が出している動画をみるのが良いと思われますが、これも正直、理系の私から見ると完全とは言えずどちらかというと感性に訴えるのみの内容になっています。

スピリチュアルな世界では「波動」とか言われる部類の、いうなれば「怪しい」部類の、下手すると似非(エセ)科学と言われるものなのですが、「波動」という概念は実のところ生まれ故郷のドイツでは「振動医学」という形でかなり学問的に体系立ったものとして相応の地位を確立しています。(下の写真は、ドイツ レヨネックス社の波動測定器「レヨメーター」のセット)

img_0534

昔存在した偉人や宗教の開祖といった伝説の類いの人々が、枝を持って歩いては、掘って水の湧く場所を探り当てて作られた井戸というものが世界のあちこちにありまして、これをかなり科学的に検証・体系化したものが言うなれば「振動医学」なのです。

音叉でもそうなのですが、同じ固有振動数を持っているもの同士は「共振」を起こします。もっと簡単な例を示すとすると、ブランコ。揺れているブランコに対して、より大きな揺れをつけよう、勢いを付けようとするならば、ブランコの揺れているタイミングに合わせて押すなり引くなりの操作をしなければなりません。つまり、ブランコに合わせた同じ「一定の周波数」でもって力を与えないと、結果が出ないのです。これが波動の性質なのです。

ある音叉の固有振動数が何Hzなのかということは、各周波数の音を外から当てた時に、音叉側が共振を起こした周波数がそれということになります。これで固有振動数が特定できる。逆に、共振を起こさない周波数を強力に当て続けると、その物質を破壊することもできます。ワイングラスに対して共振しない周波数の強い音波を当てると、割れます。(ホントです)

このように、世界に存在しているもの全てに固有の振動数が存在しています。水には水の、コーラにはコーラの、石には石の、空気には空気の、という具合にです。ということは、人間のカラダを構成している細胞一個一個にも当然ながら固有振動数が存在し、それの集合体である臓器、肉体全体という具合に固有振動数を持つということになります。

ドイツの振動医学ではここに着目し、正常な臓器が発している周波数、そうでない臓器の周波数というものを膨大な数の臨床例から割り出して体系化しています。(ドイツ振動医学が生んだ新しい波動健康法 から抜粋)

block

この異常な周波数を発している臓器に対して、正常な臓器の周波数を当てるという形で「調律」することで病気を治していくというコンセプトが振動医学の基本です。

isu

治療とは言っても、その振動数を当てるだけなので、この写真のようにその周波数を当てることのできるマット的なものを敷いた椅子に腰掛けるだけというものだから驚くのです。ドイツでこの治療を実際に行っているウルリッヒ氏は言います。「波動とかというと怪しい、非科学的だと言う人も多いでしょうけれども、理論を全て解明できてはおらずとも、これだけ検証可能な結果が出るものを全く取り入れないということこそ、非科学的というものではないでしょうか?」全くその通りです。

ナノバイブレーション技術自体は、ドイツの振動医学とは別の流れで生まれたものなのですが、根っこは同じものとエニシは考えています。金属の薄片をレーザーで加工して、正常な人間の肉体のもつ固有振動数を記憶させています。

quatro

最初に話を聞いたときはエニシも半信半疑だったのですが、この話を聞いた日の午前中、ふらりと入ったパチンコのお店でなんと500円で大当たりを引き、5万円近くの儲けを出したのですが、なんとこの勝った金額がナノバイブのペンダント一個分の金額だったという奇蹟のようなタイミングの良さに縁を感じて(笑)ほとんどタダで入手したのでした。

科学的に説明しろと言われると結構難しく、筋反射のテストくらいしか目に見える実証実験はありません。電源コードの上に立って貰うと、人間のカラダは電磁波を帯びます。この帯電した状態だと、筋肉の力が弱くなるので重いモノが持てなくなるなどの症状が実際に現れるのですが、同じ電源コードの上に立った状態でも、このナノバイブのペンダントを身に付けて貰うと明らかに筋力が上がるのです。

ちょっと高いのですけれども、生活防水で耐用年数は400年(孫の孫のそのまた孫の・・という代まで受け継いでいけるはず)、シリアルナンバーでの保証がついていて、修理も受けられます。ペンダント中に入っているセルの数でグレードが3ほどあります。(シングルセル、ダブルセル、クアトロセル)

また、ペンダント方ではなく、同じ効果を得られるCD(再生している間だけ)もあります。これで効果を実感したらペンダント、という方も多いです。

私がお伝えしたことで身につけた人々からは結構、ぶったまげるような体験談が出ています。(薬事法とかに関わるので詳細はこちらのブログではお話しできません。お問合せ頂いた方にはコッソリお教えします。本当に多岐に渡ります。)特にスマホやらIHヒーターなどの普及で電磁波は身の回りに溢れかえっていますが、電磁波過敏症の疑いのある方には結構、ご満足頂けている感じがします。ブレーカーに設置することで自宅の有害な電磁波を丸ごと中和するようなコンセプトの製品もあります。

エニシも販売店をやっておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

nano-toiawase

ページ上部へ戻る