メンテナンスフリーな作物

路傍の雑草が普通に食えたら、世界の食糧危機なんてなくなると思っておりまして、その実践方法として明日葉(アシタバ)の栽培を始めたのが半年ほど前でしたでしょうか。確かに水やりなどの手間もほとんどなくて、葉っぱはドンドン生えてくるし、食えばミツバとシソの中間くらいのなかなか美味しい代物なので重宝していたのですが、最近かなり元気がなくなってしまって心配しています。(冒頭の画像の通り)

背が低くなり、葉っぱは厚みがあるのですがかなり小さくなってしまっている模様。伊豆諸島では普通に雑草のようにどこでも生えていて、何のメンテも受けてないことは間違いないのですが、本州で植木鉢で育てるとやっぱり限界があるのでしょうか?肥料やり、水やりなどの復活策を練ります。

やっぱり、何の手も掛けずにボンボン増えていくらでも食える、というのはムシが良すぎたか(笑)

それにしても、同じ庭に置いてあるメダカの池のフロッグポット

コイツだけは、放っておくと本当にいくらでも増える増える。。。これが食えたらな。本当に楽なんだけど(笑)取り除いても取り除いても、二週間くらいで倍増する。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る