蟹の大量上陸

ランチタイムには合計40分くらい(行きに20分、帰りに20分)をウォーキングに当てているのですが、ここ3年くらい歩いていて初めてのすごく奇妙な現象に出くわしたのでシェアです。

というのも、「蟹」です。(笑)かに。

近くに運河がありまして、その両サイドには遊歩道があります。その歩道を歩いていたらば、100mおきくらいに、蟹か蟹の死骸かがいたりあったりするという状況なのです。

運河は海に近く、おそらく汽水領域で満潮と干潮の差があります。だから満潮のタイミングで上陸したものがいたり、戻れなくて干からびたりということだろうとばかり思ったのですが、この運河は満潮だったとしても陸部分まではなお1mほどの崖があります。この1mのアスファルトの絶壁を蟹がよじ登れるということは考えづらく、一体どこか来たのかといぶかるわけです。
確か、スマトラ島沖の大地震&津波の際、数日前から動物とかの類いに異常行動が見られたという記録があるのですけれどもその類いの何かの兆しなんじゃないかと思いました。

と、思ったら蟹って垂直によじ登れるんですね(笑)なーんだ。(=ω=)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る