魚油(DHA・EPA)

エニシが個人輸入しているのは、お隣の韓国のメーカー製のものです。最近では国家間での仲が悪くなってしまって残念な限りですが、そんなのドコ吹く風でエニシは購入と摂取を続けています。日本国内のメーカーのものも数多くありますが、余計なモノが入っていないのと1ヶ月辺りのランニングコストの良さからここ3年ほど固定して使い続けています。(半年分で約4,000円です。)

うつ病への対処方法として、うつ病治療の最先端のページでもご紹介したのですが、こちら魚油は日本の場合、「力水」に代表されるように、「摂取すると頭の良くなる物質」という紹介のされかたがメインで、一般的な認識もそのまんまです。しかし私の場合、こと魚油については「精神状態を高いレベルで安定させる」ということを目的に摂取しています。

私(エニシ)と、ブラックな労働環境で働いている4歳年下の弟の体験談としては、以下のような内容です。

  • 何を言われても、「カエルの顔に小便」といった具合の「ああ、そう」とデーンと構えた対処ができるようになる。(酷いことを言われたりしたとしても凹んだり、逆にカッと来たりの感情の波が、非常にマイルドになり、すごく安定する。)
  • 何か起きて落ち込んだり、悲観したりという状態に止まるよりは、その場でポジティブに捕らえて挽回する行動を少しでも取っている方が結果的にプラスになるということを、あれこれ考えずに実践できる。(唯一の弊害として、こちらに叱責をしてきている相手にとってはこちらが若干、反省していないように見えたりして(笑)神経を逆なですることがあるようなので、反省しているフリをするのが吉)

魚油については、食べ物でこんなに安定した精神状態を得られるなら本当に素晴らしいと思うばかりです。(エニシはうつ病だったとき、抗不安剤の副作用に苦しめられたので。抗不安剤の場合、たしかに不安はなくなるが、思考能力や記憶力を大幅に低下させて得ている効果なので仕事のパフォーマンスはかなり下がる。こういう類いのネガティブな面がない、精神安定剤が魚油なのです。)

もはやストレスから完全に逃れるということは、家族経営の自営業でもないかぎりは無理な世の中なので(笑)魚油で気楽にストレスマネジメントを実践して頂ければと思います。1ヶ月分が約600円なのでね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る