伝統報恩に生きる

「自他を生かす道」第六章 伝統報恩に生きる(P71~)より

≪人生を根底から支えるもの≫

時代や社会を超えて人類共通の恩人の三つの系列

1.私達の命を生み育てて頂いた人の系列(家庭生活の伝統)

2.社会や国を支えてきた人の系列(国民生活の伝統)

3.心の指針を与えてくれた人の系列(精神生活の伝統)

これら三つの伝統の働きを認識し、恩恵に感謝し報いていくことを伝統報恩と言います。

1.家族の命が尊い命の共同体にあり、お互いをかけがえのない存在であることを自覚し、お互いに尊重し合う関係を築くことが大切。

2.国家は、社会にある様々な集団の生活を根底で支える共同体であり、国民はそのことを理解し敬愛の心を深め、国を愛することが大切。

3.与えられた命を大切にし、自己の責務を果たし、感謝の精神で生きていくことが大切。また、慈悲の心で他人に働きかけ、感謝報恩の心で生きることの重要性を伝えることが大切。伝統報恩に努める人は、品性が向上し、その人柄に魅せられて自ずと人々が集まり、感化を及ぼすようになる。また、どんな人とも友好的建設的な人間関係を築いていくことから、団体や組織も秩序的平和的にまとまっていく。伝統に感謝し報恩していく生き方は、安心と喜びに満ちた人生を過ごすとともに、健全な社会を築くことが出来ます。

やはり、親祖先のおかげで今がありますね。そして、さらに言えば、現在こうして生活できる背景には、国が安定していることが言えますね。北朝鮮やシリアに生まれていたら、このような生活は出来ていないですからね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る