ヘミシンク久々の弟の驚愕体験

弟が私に負けず劣らずのヘミシンク実践者なのですが、一昨日、すごい体験があったとメールがきたのでシェアしておきます。

++以下++

言葉というものは一方通行に解釈するのは良いのだけども、普通に読み取っていてはその次元にしかいられないってさ。

つまりは、
おはよう!がおやすみであったりするということ。

馬鹿!と言われて、天才だと言うように解釈をするようにしろって。

言葉が作られた本当の理由は、創造力を固めるためなんだってよ!!

以下は映像体験ね。

VRのような映像体験をさせてもらってから、リアルな体験に移行させてもらった。そこにはかなり大きな建物があって、高さも広さも1キロ以上あるとにかく大ききく高い建造物。その建物の中にはすごい宇宙人と人がいてさ、そこで楽しく皆でお酒呑んできたよ!!

色々覚えてるとんでもない体験だった!

++ここまで++

こんな体験がもっと打率よくできたら、もっとヘミシンクは普及するに違いないと思うんですけどね。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る