英国の帝国主義再び@中東

ベイルートの政治コメンテーターは、英国はとりわけ、また西洋は一般に、帝国主義的なシステムの準備をさせ、中東諸国や北アフリカを分割しようとしていると語った。

西洋の列強は、彼は言った、地域を「扱いやすく」するのを目指して、中東を分断する青写真を持っている。加えて、列強は地域における、特にサウジアラビア、カタール、バーレーンの民主主義の原則や人権を侵すことにはほとんど気に掛けることはないと。

西洋のシナリオは基本的に全域を分割することに焦点を合わせている。リビア、シリア、時にはサウジアラビアでさえも。

彼は「分割し、征服する」シナリオは長年なされてきたと語った。またアメリカ合衆国や英国、フランスのような西洋の列強は、領土の変更を通じて地域の人口的、地理的なある種の再編成を求めてきたのであると指摘した。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る