アルコールが入ると、どうも寝過ぎる。

最近、ウィスキーが美味しくなってきてしまって、だいたい1リットル3000円くらいのブランド品(だいたいはオールドパーかシーバスリーガル)を毎晩たしなむようになっておりました。

しかし、瞑想のためにおおよそ1度午前2-3時くらいに起きてライトアンドサウンドなどをやっていた習慣が、ウィスキーを飲んだ時はどうもぶっ続けで寝てしまうということが分かって(そりゃそうですよね(笑))、市販のキレイな氷と炭酸水とライムでガマンするようにしました。少なくとも平日は。これならコスパはまあ、一杯10円もしないというレベルでしょうし、肝臓には優しいし瞑想にも影響出ないしということで良い事ばかり。アルコールの入った時のあのまったりとした感覚は味わえないけれども、楽しみは週末に取っておこうかと。

だけど、シャーマニズムとかでは普通に幻覚物質の類いを使っていたのであって、その中にはアルコールなんてのもきっとあったはずで、お酒が単純に修行者にとってはNGというわけでもないんですよね。魔女のレシピには肌に塗って肌から吸収される幻覚物質もありました。

ヘミシンクを使っても、ライトアンドサウンドを使っても、神秘体験を得られる打率は多分、1割を切ってて(ライトアンドサウンドは若干成績が良いけれども)これが5割くらいまで引き上がるツールが出てきたら、人間の精神世界に革命が起きるのですけれどねー。まだ先のことなのかな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る