ビュイ(bui)レンズのメンテナンス

ずっと使っているBuiレンズ(ビュイレンズ)のコーティングがどうも白く濁ってきたため、メガネを作った埼玉のお店に出向きました。(お年玉として1万円割引きのクーポンが届いていたのもあってね)

仕事柄パソコンとにらめっこをしている時間がとにかく長いので、平日も木曜日辺りになってくると眼精疲労が酷かったのですが、このビュイレンズによって私は眼精疲労との縁は完全に絶ちきることができました。ホントスゴいんです。このレンズ。

レンズ全体に、このような蜂の巣状の細かい格子が入るのが、ビュイレンズ。

前回作ったのは2013年の9月だったようで、3年半ほども使ってきたことになります。スタッフさん曰く、ビュイレンズは中性洗剤を使って、超音波洗浄をし、真水でゆすいでその後はエアダスターで水滴を吹き飛ばすという運用が最も良いそう。アルカリ性に傾いている石鹸などで洗うとだんだんコーティングが傷むそうで、私は見事にそれをやってしまっておりました(;^ω^)超音波洗浄を行うときの水に、ママレモンなどの中性洗剤を数滴垂らし、それで洗浄を行うとのこと。

両目のレンズの交換とビュイコーディングを行うのみで約3万ほども掛かってしまうため、おサイフのためにも長持ちさせることはとっても重要。ちょいとご無沙汰になっていた超音波洗浄機を棚から出すことにしよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る