水素水を潰すのに躍起な人々。

最近、マスコミ中心に水素水に対して「効能無し」「普通の水と同じ」といったネガティブキャンペーンが吹き荒れています。中には間違いなく、まるで効能のないただの便乗商品があることは認めつつも、水の中の活性水素が人体の活性酸素の除去に役立つというのは間違いないです。それすら否定する言説がちらほら見えるのは、医学会に既得権を持った勢力がいよいよ焦り始めている証拠なんじゃないかと思います。

活性水素の力がまるでウソなら、「水素温熱免疫療法」といったことを専門としたクリニックをわざわざ大きな借金背負ってまで都内に開業するお医者様がいますかと。そしてその病院が、保険も効かない自費診療なのに3年以上も口コミだけで客足が途絶えず、繁盛しますかと。

表参道首藤クリニック

http://www.shuto-clinic.net/

 

医学会のプライドは相当のものです。

「人を治せるのは、自分たちだけでなくてはならない」

「私たちが認めるもの以外に、効くモノがあってはならない」

「自分たちが指示するもの以外に治療法を用いてはならない」

活性水素の発見のような奇蹟が、自分たちの領分を奪うのが本当に恐いのでしょうね。

患者を奴隷にしてカネを巻き上げるビジネスに堕した医療は、もうお仕舞いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る