ブラック企業なんか、さっさと見捨てりゃいい

前の会社で、あまりに社員をモノ扱いする社長に対して反旗を翻した私は、次の月から一気に給料を下げられ、すぐにそこを去ることを決めました。(当時いたメンバーはもう、あれから半年が経った今ほとんど辞めており、やはり僕の決断は正しかったと思うばかりです。)

転職活動が峠を迎えていた去年の7月頃、虎ノ門ヒルズの大きな1Fのロビーで、面接で出向く先の企業を探していました。大きな商業ビルの一階によくあるでしょう、総合案内所の近くにある、入居企業の一覧の大きい奴です。

あれを見ていたら、僕が今まで知らなかった、そしてこれからも一切関わるコトなく終わるであろう企業、それでいてこういう虎ノ門ヒルズのような大きなオフィスビルに入居できるという、大きなビジネスをやっている優良な企業の多い事おおいこと。世界にはこんなにもたくさんの会社があるのかと改めて思いました。今自分が去ろうとしている会社の(クソのような零細企業でしたが)これまたどうしようもない役員連中の評価に一喜一憂するなんていかに狭い世界での出来事なんだろうと、スケールが小さいのだろうと思いました。

いまいる環境が嫌でたまらない人達に言いたい。

あなたが活躍できるところは、他にいくらでもある。今いる場所が、あなたの全てだなんていうことはありえない。

幸い、日本も変わった。転職に関しては随分と寛容な国になった。ガマンして人生の貴重な時間を無駄にすることはねーので、ほかに輝ける場所を是非探して欲しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る