地球空洞説を思い出した。

無重力状態で長く過ごした宇宙飛行士が、戻ってみたらば身長が5cmも伸びてましたというニュースが載っていました。

そういえば、と思い出したのが

『地球の内側は重力が弱いために、動物から植物から、全てのもののサイズが大きかった』

という話。

kudo_1

空洞地球の図。ノルウェーの漁師の親子が迷い込んだ際の話とか、アメリカ空軍のパイロットが飛行機で迷い込んだ話が有名。

kudo_2

出土するやたらと大きな人骨。

kudo_3

「地球内部を旅した男」より。右下にいる小さいのが漁師の親子。内部の人達は平均身長が7mだそう(笑)

重力が弱いと、サイズが大きくなる。

ちょっぴり、地球空洞説が真実に近付いたみたいで嬉しかったのでシェア致しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る