心の病への新しいアプローチ Ver.2.0

私が講演活動を始めたのは、自身のうつ病からの生還の体験談をより世に広く広げるためでした。これがたしか2008年の後半のことでしたか、もうあれから8年も経っているわけですから、光陰矢の如しです。そしてこんな活動、よく諦めずに続けることができたなと(笑)

私も、最初は西洋医学のうつ病治療を一通り試したんですね、服薬と休養、っていう典型的なやつです。

抗うつ剤:パキシルとジェイゾロフト

抗不安剤:エチカームとメイラックス

睡眠薬:ゼストロミン

たしかこんな名前だったと記憶しています。5種類ですか、肝臓への負担も凄いと思うので顔にすっごくニキビが出来たのを覚えています。副作用もきつくて、仕事にならなかったなと。

幸い、私は「服薬と休養」という治療法については早々に諦めることができまして、別の方法を探すことになりました。なかには本当に怪しい、「治るまで面倒見るから40万円払いなさい」なんてものもありましたが(笑)最終的に、腕利きのセラピストさんの手によって約2ヶ月の間にたちどころに良くなっていきました。

あれから一度も、「ぶり返す」ことなく普通に、大企業に勤めるサラリーマンとして、家族も養って(長女が生まれました)社会人をやっていけているのは、このセラピストさんのおかげです。

私がうけた、NLPによる催眠療法についてお話して、またNLP以外の最先端のうつ病治療(クスリじゃないやつ)について、私が情報を持ってる限りのものを全てお話しようと思います。買おうと思えば普通に日本で買える、怪しくないものをなるべく(笑)お伝えします。

2月28日、東京は大久保の喫茶店で、この講演会を実施します。13:00~15:00です。

会議室の場所代として1000円だけは頂くのですが、きっと他の場所では聞けない、充実した内容であると自負しています。

ご予約はこちらのフォームからお願いします。

https://ssl.formman.com/form/pc/hXzDtvmKks9k2Of1/

私の体験談が、メンタルの問題解決の一助になればと。

よろしくお願い致します。(・ω・)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る