TPPと陰謀論

医療が崩壊するとか、日系企業全てが残業代ゼロのブラック企業化するとかのかなり突飛な言説が飛び交っておりますTPP。

不平等条約か何かと勘違いして、とにかく米国とかを悪者にしたい人がメチャクチャなことを言っています。

例えば医療はそもそも、TPPの論題として上がってすらいません。米国の医療制度(公的健康保険は無い)が問題だらけということは世界の知るところで、米国の現状に合わせようなんていうことはどの国だって考えてない。

安い米が入ってきて日本の米が淘汰されるとかいう話は、全く当たりません。日本の米は、高い分のクオリティがあるということで普通にブランド化されており、輸出先で高値で売れています。立派な日本が世界に誇れる輸出品です。

TPPは不平等条約ではなく、加盟国に平等に働く「協定」です。こっちに課された条件は、そのまま参加国全てに適用されます。当然、日本にとってメリットのあるところばかりではないというのは事実だと思いますが、TPPでもきっかけに1度変えてしまわないと「座して死を待つ」というようなことが日本には多いのです。(零細ばかりで一向に大規模化・効率化しない農業。保護すれば保護するほど弱くなる、など)

上手く利用すれば別段、日本を売り渡すとかの批判は全く筋違いであったことがいずれ分かります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • ブログ読者
    • 2016年 2月 14日

    ブログ読者です。

    ttpに関しての反論です
    ネットで陰謀論がどうのというのは見た事がないので知りません。
    しかし、国会で条約承認されると国家の危機なことを知って下さい。

    論点1
    tpp交渉について

    tpp交渉は秘密交渉でした。
    2月3日に調印の前段、閣僚会議で調印した時に初めて全文が発表されました。
    正文は英語、スペイン語です。
    その交渉会議メンバーはアメリカの弁護士は入りましたが国会議員も入りませんし、内容を知り得ませんでした。
    しかし、もし締結された場合、国の憲法より上位の条約とされます。

    選挙による民意を反映した最高機関の立法府、司法の最高機関の裁判所より、行政の最高機関の内閣より上位にある条約が民間人により決まります。

    交渉方法は受け入れられますか?

    論点2
    tppの内容について

    トランス・パシフィック・パートナーシップ協定(tpp)
    はパートナーとして経済的に国境をなくすことです。

    経済的国境をなくす為に、障害をなくすのです。
    勿論、建前は”お互いに”ですが。

    条項の1条項に地方団体、国の公共事業はインターネットを通じ正文(英語、スペイン語)で募集せよとあります。

    その結果、人件費の安いマレーシア、ペルー人を引き連れたアメリカ企業が入札すると、間違いなく落札され労働力として外国人がふえます。
    もし、正文での募集をしていなかった自治体は、後で機会損失の賠償をされます。
    裁判費用だけで億円です。

    これを認めるのがISDN条項といいます。
    裁判所はニューヨークにあります。

    この裁判所で行われたカナダ、メキシコはボロ負けです。
    裁判中のものがありますが、含めると総額1兆円になるでしょう。
    ニューヨークにあり、アメリカ側のに有利な判決になるのです。
    カナダの例
    カナダの法律で決められた薬の特許(忘れたのでハッキリとしませんが10年とします)のせいで機会損失を被ったとして、アメリカの製薬会社が30億の賠償を勝ち取っています。

    • 読者です
    • 2016年 2月 14日

    tpp米に関して

    どうも貴方は農業に関しても保護主義反対、自由経済政策に賛成しているように見受けられます。

    日本のカロリーベースでの時給率は40%。
    先進7ヶ国の中で100%割れの異常な国だと知っていますか?

    食=農業は安全保障に関わります。
    軍事費が仮に中国、アメリカを上回っても、食料備蓄なしで防衛できません。
    国家戦略として、農業を考える必要があります。

    カリフォルニア米が何故安いか知っていますか?

    カリフォルニア米耕作地は元々降雨量からして、適地ではありませんでした。
    ニューディールで五大湖から水を引いた結果、米作地になったのです。
    しかし、この膨大な税金はコストに入っていません。
    アメリカのほとんどの農業従事者は農作物の売買利益でなく、国からの補助金で生活しているのですよ。

    単に商品としての農産品として議論すべきではありません。

    すいません、長くなりましたがネットの根拠のない論に反対せずに、もしtpp賛成ならばまともな反対論の著作を読んで下さい。
    応援していますのでよろしくお願いします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る