2016年再始動!

皆様

お早うございます。エニシです。

アセンションなんて起きなかったものだから、2015年末までの3年間は正直沈みに沈んでおりました(笑)神様任せのアセンションというのは、僕らが見ている現実の中ではどうやら起きないもののようなので、僕ら肉体を纏った人間の一瞬一瞬の積み重ねで奇蹟を継承して、数百年掛けて目的を遂げます。

人間の活動できるピークは、まあ長めに見て25歳~70歳というところでしょう。宇宙の歴史から見たら、ほんの一瞬です。しかし僕たちはそんなことは所与のものとして生まれてきています。きっと。

Keisho

皆で地球の歴史の一瞬一瞬に介入して色々仕事をやっていくわけですが、人間の肉体の寿命は短いので、この図みたいに、300年を走り続けるには上手く生まれるタイミングを調整して重ね合わせることで、13人の『それぞれの世代の』Lighthoodが必要だということになる(笑)息の長い話です。まあしかし、他に手段がないのだからやっていきましょう。13人の中には、転生で2回、3回と走ることができるやつが出てくるかもしれない。

8年の活動で悟ったことは

1.『より周りの人々が、ハッピーになれるとおぼしき選択肢を示すところまでは頑張る。しかしその先で相手がどういう選択を取っても、知ったこっちゃない。どうぞご自由に、で良い。怒らない。それで我々は免責なので大丈夫。』

2.『基本、無限の可能性はあっても我々はこと物理次元では結構無力だ。なるようにしかならないが、ベストは尽くそう。』

3.『自分がヒーローであることに酔うな。アイデンティティにするな。取り組んだ問題が解決されて消えてなくなったとき、それを両手挙げて喜べるのが真の英雄ですよ。』

4.『救った相手が自力でやっていけることが最大の目的。エンパワーメントだ。僕らに依存させ、崇拝させることが目的じゃない』

5.『全員がそれぞれパズルのワンピース。全員で完成形になる。自分に与えられた、自分が選んだパートを精一杯こなす。それで良いし、それしかない。』

6.『祈りと奇蹟と科学のハイブリッド。それが最大の推進力になる。どれか1つがが欠けても大した結果は生まれない。』

7.『最後の最後は満願成就。必ず勝てる。結果は決まっている。』

この7箇条です。

さーて、行きますよ2016年。飛躍の年になりますよ。なにより私がそうすると決めたのでね。(=ω=)ヨロシク!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る