情報通信費 使い放題で最安値の組み合わせ

皆様 お早うございます。エニシです。

スマホに乗り換えてから、通信費がやたらと掛かるようになった!という方は多いと思います。

恐らく御三家「docomo」「au」「SoftBank」のどこかでスマホを購入すると、毎月の支払いは最低7000円~ という感じになると思われます。ここに、通話料の従量制料金が掛かってきます。

少々めんどいことはあるのですが、自前で事業者を選んだり、格安SIMを使ったりということで使い放題、最安値という組み合わせは私なりに導き出しておりまして、これの2015年12月16日現在のものをご紹介しておこうと思います。

【スマホ本体】

Yモバイルの2980円のプランに、通話定額(1000円/月)を付ける。(端末代金は、月々の割引きで0円になる端末を選ぶ。)これで、通話に関してはいくら話しても無料。但し、パケット通信はこのプランでは1GB/月までしか使えないため、ここの部分は、以下のWi-Fiを使う。

【データ通信】

docomoのXi(要するにドコモのLTE回線)に対応したポケットWi-Fiルーターを、ヤフオクや白ロム専門ショップなどで調達。

85ffc_684_1f12c88841e1c79fbeb28aae5aef9056

こんな感じのやつですね。中古で買えば5000円とかです。買い切り。このルーターに、格安SIMを差し込む。b-mobileの高速定額(1980円/月)がオススメ。(この格安SIMは動画をサクサク、いくらでも見られるかというとそうでもないサービスなんですが、スピードと通信量の制限が科されていないというのは本当で、ドコモのXi回線を使えて使い放題というところではギリギリの満足度とコスパです。)

このSIMをルーターに差し込み、各種の設定を仕込む。スマホ側は「モバイルネットワーク」をOFFにして、自らパケット通信は行わない設定にしておき、ルーターとWi-Fiでつなぎ、これ経由でインターネットに出て行く設定にする。

 

以上で、2980円+1000円+1980円=5960円/月

ワイモバイルの契約時に事務手数料とルーター本体を買う資金は掛かるのですが、月6000円で、通話もデータ通信も使い放題にできます。

データも通話もかなり使うが、通信費が悩みのタネという人は是非こんな組み方もあるっていうこと、心の隅にとどめて置いてくれたら嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る