アリの世界にもノルマはあるんでしょうか?

パレートの法則というものがあって、

・全体の売上のうち、8割にのぼる金額を社員数でみると優秀な上位2割が上げている。

こんな感じで、2と8が出てくる色々な経験則のことを言います。なんとこれが、アリの世界にも当てはまるようで

・全体のうち2割くらいのアリは、非常に効率良く周囲を探索し、十分な量のエサを運んでくる。残り8割はただ当てずっぽうに周囲を徘徊しているだけで、ろくな仕事をしていない。

とのこと。ところが、それでは働かない働きアリの8割を省いて、2割だけを残したところ、その2割の中でまたデキるアリとデキないアリの2:8に別れてしまうというのです。

デキる人がデキる人であるためには、デキない人も必要なのかもしれません。職場で窓際にいるオジサンでも、色々親身になって相談に乗ってくれるとか、やたらと社内外で顔が広いとか、違ったパフォーマンスの測り方をすると意外と役に立っているということが良くあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る